新刊情報

2週間前までご予約可
ご予約はお電話のみ対応
商品により承れません

おすすめ本紹介

2015.06.23まったく新しい獄中小説!

securedownload

第6回日経小説大賞受賞作!!

日本経済新聞出版社

『女たちの審判』著:紺野仲右ヱ門

――1989年、肥後拘置所の女性刑務官が従姉妹に懇願され、

一審で死刑を求刑されている誘拐殺人事件の主犯の男に不正な方法で手紙を渡す。

ハト行為と呼ばれる職務違反だが、従姉妹は収監されている男の子どもを産んでおり、

その願いを断ることができなかった。男は死刑判決を受けて控訴、

高等裁判所のある博多拘置所に移送される。
――7年後。博多拘置所で同僚からいじめを受けていた看守にとって、

二審も死刑で上告中の男だけが気持ちの安らぐ話し相手だった。

2人に信頼関係ができ始めたころ……。
極刑を受けた男が収監されていた長い時間が、

恋人や肉親、拘置所の刑務官、裁判官、その家族や友人の人生まで変えてしまった。

元刑務官の著者が描く世界があまりにリアルなので、ハマリ込み過ぎ注意です!